施術の流れ


現在の身体の状態や過去の病歴、外傷等についてお聞きします。悩み事や小さな事など何でもお話ください。 患者さんの話を伺うことは、原因を見つけるためにとても大切です。
 
視診、静的触診、動的触診、整形外科的検査
各部位のスクリーングを行います。
 
検査結果を参考にして原因、施術の方法などを
お話させていただきます。疑問、不安など何でもお話くださいね。
 
主にアクティベーター療法を使って施術します。
そのほかに電気、温熱治療などを組み合わせて使用します。症状によりますが30分ぐらいです。
 
施術の結果の確認、今後の予定などをお話しして
日常生活でのアドバイスなどもさせて頂きます。
 




施術後の注意

1.車の運転に気を付けて下さい。
自律神経の変化により、「だるさ・疲労感・異常な眠気」を感じる事があります。

2.水分をいつもより多めに補給して下さい。
水分摂取と神経の活性度とは相関関係にあり、積極的な水分摂取は神経の活性度を維持するのにとても有効です。 また血行が良くなって排泄がすすみ、脱水症状気味になる可能性があります。

3.痛みが出ない程度に積極的に動かして下さい。
神経系のバランスが整った状態を定着させるために、痛かった部位をかばい過ぎずに積極的に動かして、良いバランスで記憶が定着するのを促してください。動かすことで「動かせること」が学習されます。

4.深酒や熱いお風呂は出来るだけ避けて下さい。
血管の疾患や動脈硬化などの症状を潜在的に抱えている場合は、 お酒やお風呂で過度な血流を与えることは時として、悪影響を与える場合があります。

5.リラックスして早めに就寝して下さい。
施術後は通常、身体全体は緩み血行も促進されています。それにより全身の老廃物も流されますので、 その日はなるべくリラックスされて、身体が疲労物質を処理するのを促してあげましょう。


施術後の反応(変化)について
アクティベータ療法は(針灸や指圧と同じく)体に刺激を入れますので、何かしらの反応(変化)が体に生じます。 施術後の反応は、体の症状の程度や個々の体質・体調によって違いがあり、 特に症状の重い方ほど不快な反応が起きやすい傾向にあります

●快適な反応
カイロプラクティックの治療後の後は、「姿勢が良くなる」「血流が良くなる」「身体が軽くなったり、元気が出る」あるいは「爽快感」「心身のリラックス」など体の変化を感じることがあります。これは、アクティベータの矯正により、「神経系の働きが正常になった為・・」の反応です。

●不快な反応・・・
でも、悪化しているワケではありません。施術の後に、「痛さ・だるさ・疲労感・熱っぽい・異常な眠気・・」等を感じる場合があります。これらの原因は?
・緊張していた筋肉の弛緩や癒着の剥離(→ゆえに関節の動きが良くなる、軽くなる)
・自律神経バランスの急激な変化(→温泉に入った後の「湯疲れ」みたい?)
・血流が改善した事による老廃物の排出(→東洋医学ではよく言われる) ・・特に長く患っている歪みや痛み、五十肩等、組織の癒着が強い場合はよく見られる反応です。 しかし症状自体は1〜3日で消える反応で、体調が回復する為の過程でもあり心配は要りません。 不安があれば、刺激(強さ等)を変えることによりある程度コントロール出来ますのでご相談下さい。
※痛みの感じる場所が変化するのは? また、「別のところが痛くなった(痛みの移動)」、あるいは「痛みの領域は狭まったが、今度は鋭く感じる・・」という変化も起こることがあります。これは
・痛みの発生部位が複数混在しおり、その1つが減った為
・あるいは神経機能が正常になり、(元々悪かった部位の)症状が分かりやすい形で出て来た為 ・・と思われます。いずれにしても快方に向かう際に感じられる事ですのでご安心下さい。

●不適応だった時の反応「強い痛み」あるいは「数日過ぎても消えない反応」があった際は、施術に問題があった可能性があります。次の施術時に検証しますので遠慮なく仰って下さい。筋肉の「モミ返し・・」等は起こりやすい人とそうでない人がいて完全に防ぐのは難しいのですが、刺激の加減や他のテクニックの選択などにより対応しますのでご相談下さい。